月別アーカイブ: 2017年11月

インプラント埋入手術の

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。こちらもおすすめ⇒高反発マットレスランキング.club